もっとワクワークする世の中を

『自分らしさ』と『チームらしさ』を
発見することができるエンゲージメントカード

自分と対話しながら価値観を発見することで自分らしさを理解し、
チームで価値観を共有し合うことにより、相互理解が深まり、
信頼関係と心理的安全性が確保され、
エンゲージメントが高まります。

エンゲージメントとは、相互に影響し合い、共に必要な存在として
絆を深めながら成長できるような関係を築いていくことです。
エンゲージメントを高めることによって、
「生産性が上がる」「利益率が上がる」
「離職率が下がる」「ミスが減る」
などさまざまなメリットがあります。

自分の価値観を選び見つけ出す【自己理解、自己発見】、
自分の価値観を見せて、
話して、共有する【自己開示、自己表現】、
他者の価値観を受け止める【他者受容】、
他者に受け止めて(承認して)もらうことにより【自己肯定感】、
自分はできる(かもしれない)【自己効力感】
を体験することができます。

ワクワークするチームづくり

価値観に関する対話を通して、
その価値観を選んだ背景や解釈、考え方などを
相互に理解し合うことで、
相手の行動や発言の受け止め方が変化します。
価値観が違うことが当たり前で、
価値観が違うからこそ新しいものが生まれ、
価値観が違うからこそワクワクするチームになります。

様々な世代の人たちが働く世の中で、
予測不能な時代(VUCAの時代)と言われる現在において、
強いチーム、強い企業になるために、
共通の価値観をもとに判断し行動することが重要となります。

※VUCA(ブーカ)とは
Volatility(変動性・不安定さ)、
Uncertainty(不確実性・不確定さ)、Complexity(複雑性)、
Ambiguity(曖昧性・不明確さ)の4つのキーワードの頭文字から取ったもの。

USER’S VOICE

  • 自然に対話が生まれる

    ゲーム感覚でみんなで楽しめます!自分の価値観を考えることがなかったので、良いきっかけになりました!また、チームのリーダーやメンバーの価値観も知ることができ、新鮮でした。定期的に使っていこうと思います。

    自然に対話が生まれる

  • 直感的にわかりやすい!

    ルールが簡単なので、誰でもすぐ理解でき、プレイできます!すべてのカードにイラストが描かれており、右脳も刺激されました。また英語が記載されているので、海外の方ともイメージを共有して分かり合うことができました。

    直感的にわかりやすい!

  • 困っていた1on1で活用

    部下が思っていることは理解しているつもりでいましたが、カードを使うことでいつもの面談とは違った深い話ができました。また、自分のことを話すこともできたため、これからの1on1が変わっていきそうです。

    困っていた1on1で活用

世界最高のチームを目指して、
みんなで価値観を
どんどん共有しよう。

How to play

【A】個人の価値観の共有

自分の価値観を発見し、
チーム全員で共有するためのワークです。

Player
3~6名
Time
30~40min
  • ❶カードをシャッフルして、
    7枚ずつ配ります。

  • ❷残りのカードを、「カードの山」として
    真ん中に伏せて置きます。

    ❸カードを引く順番を決めます。

  • ❹ 「カードの山」、または「手放されたカード」
    から1枚引きます。

  • ❺自分の価値観と合わない、
    ピンとこないカードを手放します。

    ・カードを手放すときは、頭で考えるのでなく、心に従ってください。

    ・カードを手放すときは、上向きにして「私は○○を手放す」と言って手放します。

    ・手元のカードはオープンにしても、クローズでもどちらでもかまいません。

    POINT

     

  • ❻カードの山がなくなるまで❹~❺を繰り返します。

  • ❼手元に残ったカードを使って、
    自分の価値観を説明します。

    ・なぜそのカードを残したのかを説明します。

    ・そのカードの言葉の自分なりの解釈も説明します。

    ・カードの並べ方、説明する順番なども工夫します。

    POINT

     

  • ❽説明後、質問を投げかけ深掘りします。

    ・この中で一番大事(または上位3つ)の価値観はどれですか?

    ・選んだカードの価値観に基づく行動はありますか?

    ・価値観につながる経験、体験はありますか?

    ・選んだカードの言葉はどのような解釈ですか?

    ・今大事にしている価値観ですか?それとも、これから大事にしていきたい価値観ですか?

    EX

     

  • ❾最後に拍手とハイタッチをして、
    お互いを尊重し感謝を伝えます。

    ※ソーシャルディスタンスを保つために、ハイタッチは心の中で交わしましょう!

・カードを手放すときは、頭で考えるのでなく、心に従ってください。

・カードを手放すときは、上向きにして「私は○○を手放します」と言って手放します。

・手元のカードはオープンにしても、クローズでもどちらでもかまいません。
※オススメはオープン

POINT A

 

・なぜそのカードを残したのかを説明します。

・そのカードの言葉の自分なりの解釈も説明します。

・カードの並べ方、説明する順番なども工夫します。

POINT B

 

・この中で一番大事(または上位3つ)の価値観はどれですか?

・選んだカードの価値観に基づく行動はありますか?

・価値観につながる経験、体験はありますか?

・選んだカードの言葉はどのような解釈ですか?

・今大事にしている価値観ですか?それとも、これから大事にしていきたい価値観ですか?

EX

 

【B】チームの価値観の創造

個人の価値観をチームの価値観に
統合するためのワークです。

Player
3~6名
Time
30min
  • ❶Aのワークで発表した
    それぞれの価値観を共有する。

  • ❷似たような価値観や、
    合わせることができる価値観をグループ化する。

  • ❸3~5つの価値観に絞り込んでいきます。

  • ❹それぞれのワードの解釈や意味などを、
    具体的に話し合います。

  • ❺自分たちらしいチームの価値観が完成します。

    ・絞り込んでいく中で、新しい自分たちらしさを表すワードを生み出すこともOKです。

    ・他の人の発言に対して、否定的な言葉や批判的な言葉は出さないようにします。

    ・価値観に対する解釈や意味、具体的な行動まで言語化します。

    POINT

     

  • ❻最後に全員でハイタッチと拍手をします。

    ※ソーシャルディスタンスを保つために、ハイタッチは心の中で交わしましょう!

    (例)

    【挑戦&変化】自ら新しいチャレンジをし続け、変わることを楽しみ成長していく

    【自由な責任感】与えられた仕事を自由な発想でおこない最後まで全力でやり切る

    【愛】お客様、取引先、働く仲間を大切に思い、気持ちや行動をギブする

    EX

     

・絞り込んでいく中で、新しい自分たちらしさを表すワードを生み出すこともOKです。

・他の人の発言に対して、否定的な言葉や批判的な言葉は出さないようにします。

・価値観に対する解釈や意味、具体的な行動まで言語化します。

POINT

 

(例)

【挑戦&変化】自ら新しいチャレンジをし続け、変わることを楽しみ成長していく

【自由な責任感】与えられた仕事を自由な発想でおこない最後まで全力でやり切る

【愛】お客様、取引先、働く仲間を大切に思い、気持ちや行動をギブする

EX

 

【C】他者から見た自分を知る

自分がどのように周りから見られているかを
知るためのワークです。

Player
2~5名
Time
30~60min
  • ❶カードを表に向けて並べます。

  • ❷対象者のイメージに近いカードを全員が
    それぞれ最大3枚選びます。
    その際、対象者はカードを
    見ても見ていなくても構いません。

    ❸対象者の前に選んだカードを順番に並べます。

  • ❹対象者は選んでくれた方に、
    なぜこのカードを選んだのかを聞きます。

    ❺選んだ方は、理由やエピソードを説明します。

  • ❻対象者や他の方はその説明に対して、
    意見や質問を述べます。

    ・質問内容を工夫することで、より本当の価値観を引き出せます。

    ・理由を説明している際に、別のカードについて触れても構いません。

    ・対象者の方は、何を言われても否定しないで受け止めます。

    POINT

     

  • ❼全員とハイタッチしてお礼を伝えます。

    ※ソーシャルディスタンスを保つために、ハイタッチは心の中で交わしましょう!

・質問内容を工夫することで、より本当の価値観を引き出せます。

・理由を説明している際に、別のカードについて触れても構いません。

・対象者の方は、何を言われても否定しないで受け止めます。

POINT

 

【D】1on1や採用面接の場面で活用する

お互いを知ることで、
目標を実現するためのワークです。

Player
2名
Time
20min
  • ❶カードをシャッフルして7枚ずつ配ります。
    カードはオープンにして並べます。

  • ❷残りのカードを、「カードの山」として
    真ん中に伏せて置きます。

    ❸カードを引く順番を決めます。

  • ❹ 「カードの山」、または
    「手放されたカード」から1枚引きます。

  • ❺自分の価値と合わない、
    ピンとこないカードを手放します。

  • ❻カードの山がなくなるまで順番に繰り返します。

  • ❼手元カードの中からベストな3枚を選びます。

  • ❽お互いのカードに関して質問します。
    (リーダーから積極的に
    自分のことを共有してください。)

  • ❾実施した感想や意見などを共有します。

  • ❿最後にハイタッチをして、お礼を伝えます。

    ※ソーシャルディスタンスを保つために、ハイタッチは心の中で交わしましょう!

    ・半年に1回など定期的に実施することで、
    変わること・変わらないことを共有します。

    POINT

     

・半年に1回など定期的に実施することで、
変わること・変わらないことを共有します。

POINT

 

価値観をシェア

選んだ7つの価値観を
入力してみんなにシェアしよう。

情報を入力

ニックネーム:
年代:
性別:
地域:
選んだ価値観から自分をひとことで表すと:

選んだ価値観

7枚のカードを選んでください。

認定ファシリテーター

イキイキ、ワクワクしながら、
仕事に取り組む組織・チームを作りたい!
そんな想いを実現できる、全国各地の「エンゲージメントカード」ワークショップ認定ファシリテーターをご紹介します。
各地でワークショップを開催し、
エンゲージメントを高めているメンバーです。
イベントやワークショップのご依頼はもちろん、
講演などもお待ちしております。

Coming Soon!



山本 龍太

山本 龍太

毎日ワクワクしてますか?イキイキ働くチームを作りたい!ワクワークする人を増やしたい!そんな人たちと働きたい!という想いからエンゲージメントカードを考案しました。
私1人だけでなく、皆さんがファシリテーターになって周りの人たちにワクワクを伝播させていく、そんなPay it forwardのムーブメントを一緒につくりたい!

■プロフィール
株式会社トリプルバリュー代表
グロービス経営大学院経営学修士課程(MBA)修了
研修、セミナーのプレゼンは1000回以上。
オンライン、オフラインで設計・実施したワークショップは100以上。
最近はオンラインワークショップのコンサルティングも実施中。

佐藤 正基

佐藤 正基

一つの出会いが人生を変える。そんなことが起きたのがこのエンゲージメントカードでした。このカードで自分と向き合い、他者を理解し、チームへのエンゲージメントが高まる。そんな瞬間を皆さんに届けたい!

■プロフィール
株式会社トリプルバリューCOO
山本龍太と出会い、エンゲージメントカードと出会いワクワクが止まらなくなった。自分と同じ体験をする人を増やしたい!そんな想いでファシリテーションを学び、自らファシリテーターとして活動している。

もっとワクワークする世の中を!

カードを購入

copyright © Triple Value. All Rights Reserved.